たった5記事でアドセンス1発合格!合格時のブログの状況、そして合格に必要なものをを詳しく解説します【誰でも合格できます】

ブログ
スポンサーリンク

僕がブログを始めた時、一番の目標は「グーグルアドセンス合格」でした。

このブログではその目標を達成することが出来ましたが、実は僕、一回挫折しています。

前回は何回やってもアドセンスに受からなくて、心が折れて最終的にはブログ運営を放棄してしまったんです。

しかし、副業(僕の場合は転売)を始めて余裕が出てきて、再びブログ運営を開始、そして最終的には目標である「グーグルアドセンス合格」を達成することが出来ました。

そこで、今回は

1.前回と今回のブログでは一体何が違ったのか、前回は何がダメだったのか

2.合格した際のブログの詳しい状況、意識したことについて

3.合格するためには何が必要なのか

などを詳しく解説しようと思います。

この記事で少しでグーグルアドセンス合格を目指している皆さんの助けになっていただければ幸いです。

それでは目次です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回と今回のブログでは一体何が違ったのか

結論から申し上げますと、前回と今回の違いは大きく分けて2つです。

・プログラムポリシーに違反していた

・見出し、アンダーライン等ブログが読みやすいような工夫がされていなかった

以上のたった2点しかありません。しかし、この2点をクリアしていなかったからアドセンスに合格できなかったのです。

では、一つ一つ解説していきます。

プログラムポリシーに違反していた

前回のブログはゲームブログでした。

最新のゲームや少し前の名作ゲームなどの感想、攻略記事などをメインに書いていて、アドセンス申請時の記事の数は20前後、文字数も2000~4000文字程度はあったと思います。

今考えても、ネットでよく言われている記事数や文字数は十分満たしていたと思います。

しかし、何度申請しても合格することはありませんでした。

理由は「プログラムポリシーに準拠していない」から。

何度やってもポリシー違反だったため、受かることはなかったのです。

このプログラムポリシーは結構色々なことが書いてありまして、ぱっと見だけで全てを把握するのは難しいです。なので簡単に説明すると、

「プライバシーポリシーページ作れよ、連絡フォーム設置しろよ、著作権違反だったり暴力的だったりアダルトな記事はだめだぞ」

みたいな感じです。

これは物凄く簡単に要点をまとめただけですので、アドセンス合格を目指す方は、必ずしっかりと目を通しておいてください。

僕の場合、恐らく「著作権違反」だったのだと思います。

違反しているであろう画像をすべて外し、少しでも暴力的は表現が含まれている記事は全て非表示にしたのですが、合格せず…

何となく予想がつくかもしれませんが、ゲームブログは著作権においてかなりグレーな範囲です。

著作権違反かどうかと聞かれれば、一応「違反」ではありますが、著作権は申告制。そのゲームの開発者が「著作権違反だ」といわなければ基本的には問題ありません。

開発者の方たちだって、ゲームをお勧めしてくれるブログにいちいちケチをつけたくはないと思いますし。

しかし、アドセンス審査では別です。

アドセンスの場合、「違反」かどうかを判断するのはGoogleだからです。

Googleが「違反」もしくは「違反の可能性がある」と判断すれば、審査に通ることはありません。

なので、皆さんも「これ著作権的に怪しいな…」と感じたら即刻その画像、記事は削除するようにしてください。

その方が絶対にアドセンス合格の可能性は上がります。

見出し、アンダーライン等ブログが読みやすいような工夫がされていなかった

前回はブログを運営することが初めてで、ドメイン、サーバーなどの超基本的なことも何一つわかっていませんでした。

もちろん、目次の付け方も分かりませんし、アンダーラインの引き方もわかりません。

そうやって何の工夫もない記事をただ積み重ねっていったところでアドセンスには合格できるわけありませんよね。

合格したいのならば、読み手が読みやすいような工夫をし、ためになり、かつ文字数も多くなくてはなりません。

言い換えると、ただの雑記ブログのような、誰かに何かを伝えるわけでなく、自分が書きたいことひたすら書いているだけではアドセンスに合格するのは難しいといえます。

さて、ここまで僕の失敗についてまとめて来ましたが、結局、僕は2つ目のブログでアドセンスにたった5記事で合格しました。

なので次は、合格した際の僕のブログの状況について詳しく説明します。

合格した際のブログの詳しい状況、意識した事について

では、合格した際のこのブログの状況や、そのために意識した事についてまとめます。

・申請した際の記事数は5つ(審査中に6記事に)

・pv数は多い日で7、基本的には1~2

・2~3日に1記事投稿のペース

・記事はすべて3000文字以上

・画像は全てフリー画像or自分で撮った写真

・記事は見やすく、読みやすく。見出しを付け、目次を設置し、アンダーラインや太文字等も最大限活用

・記事の内容は読み手に取って有益であること

・表現の仕方(暴力的、アダルティーではないかどうか)に最大限の注意を払った

・ただ自分の体験、経験をそのまま記事にし投稿するのではなく、注意すべき教訓など、相手にとって有益な情報となるように変換し投稿する

大体こんな感じでしょうか。

pv数は毎日ほぼ0ですし、毎日更新をしているわけでも記事数が多いわけでもありません。

しかし、記事の内容を濃いものとし、見やすく、文字数は3000以上で、表現方法に最大限気を使い、絶対に著作権侵害の疑いがある画像(フリー画像、自分で撮影した写真以外)を使用しなければ。

それならば、アドセンス合格は間違いなしといえるでしょう。

結局、アドセンス合格のためには何が必要なのか

では今までのことを踏まえて考えますと、合格のために必要なことは

1.ポリシー違反をしないのは当然だが、その中でも著作権違反や表現方法に特に注意する

2.内容を濃くすること、見やすくすること。文字数は3000以上。

3.画像は全てフリー画像、自分で撮影したものであること

この3つだと推測されます。

この3つをきっちりこなし、記事数も大体5個程度あれば問題なく合格すると思います。

しかも、この3つは大して難しい事ではありません。

ただ、前回の僕のように、そもそもとして全体的にグレーなラインで運営しているブログもあるでしょう。

それでとりあえずアドセンスに申請してみるのはいいと思います。

しかし、それでもしも僕と同じく「ポリシー違反」で落とされた場合、どこが違反しているのかはっきりわからないんです。

なぜなら、全体的にグレーで明確にどこが違反しているのか判断できないから。

それで怪しい部分を消して消して…とやっていっても受からなくて、どんどんブログの質が落ちていって本人のやる気もなくなってしまう。

それが一番怖いことです。なのでそもそもブログを始める際は、自分の経験を生かし、著作権違反にもならないような

「誰かにとってきっと有益であるようなブログ」

を作ってみて下さい。

まとめ

今回お伝えしたかったことをまとめますと、

・前回のブログと今回の大きな違いは2つだけ。ポリシー違反していないことと記事が見やすいこと。

・アドセンスの場合、著作権違反かどうか判断するのはGoogleであるということ

・受かるために考えるべきことは、実は超基本的でたった3つしかない

以上の3点です。

初めにも申し上げた通り、アドセンス合格というのはブログ初心者にとっての一番の目標です。

合格して初めて収益化への道が開かれるのですから。

ですが、アドセンス合格は実はそんなに難しい事ではありません。

きっちりとプログラムポリシーに目を通し、表現に気を付け、基本フリー画像のみ使用し、記事は見やすく、わかりやすく、文字数は3000以上。

合格のために必要なことは推測の域を出ませんが、僕が合格できたのですから、皆さんも同じようにすれば合格できない理由がありません。

皆さんもアドセンスに合格し、収益化への第一歩を歩めることを願っております。

それでは、また次回お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました