【初心者向け】AmazonFBAに商品を納品する際に注意しておきたいこと【100均のラベルシールはお勧めできません】

転売
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは、すあま@QJKz3awKet9jacNです。

先日メルカリとラクマの2つのフリマアプリで垢BANを食らい、転売に使用していたアプリの大半が使えなくなってしまいました。

なので、僕は新しくAmazonの出品サービスで転売を始めることを決意し、そしてつい先ほどFBA倉庫へ納品が完了しました。

しかし、たった10個商品を納品するのに約2日間もかかってしまったんですよね…

初心者にとって、AmazonFBA納品はやることやルールが多すぎてよくわからないし混乱してしまうんです。

とはいっても、ゆっくり時間をかければ、誰でもルールを理解し納品することが出来ます。

僕は一応できましたが、「ここはこうしておいた方がいいな」「こうした方がもっと簡単で安かったな」と感じることが3つほどありました。

なので今回は、

・梱包するための段ボール選びについて

・配送業者や方法について

・100均のラベルシールについて

以上の3点についてお話していこうと思います。

この記事を見て、AmazonFBAの初心者方の助けになれば幸いです。

それでは目次です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

段ボール選びについて

AmazonFBAで商品を納品するということは、商品をまとめてAmazonFBAの倉庫に送るということですから、その分送料がかかります。

この送料を出来るだけ安く抑えないと、自分の利益が減ってしまうことになります。

では、送料を抑えるために大切な「段ボール」について解説していきます。

スーパー等で無料で手に入る段ボールでも大丈夫だが、サイズには気を付けること

段ボールを入手するにあたって、最もポピュラーな方法は「スーパー等で無料で手に入れる」事です。

この無料で手に入る段ボールで商品を発送していいのかと申しますと、

もちろんOKです。

ただ、スーパー等で段ボールを入手する際はサイズに気を付けて下さい。

商品が入る入らないではなく、送料がサイズごとに変わってしまうからです。

しかも、メルカリとは違って、段ボールを加工してサイズを変更することは禁止されています。

AmazonFBAの作業員の方が優しければ受け取ってもらえるようですが、規則上は禁止です。

ですから、スーパー等で段ボールを入手する際は、サイズを十分調べてから入手するようにしてください。

僕は適当な段ボールを使って、100サイズで十分入る(もしかしたら90サイズでも大丈夫だったかもしれません)商品を120サイズで送ってしまい、1909円かかりました。

スーパー等で探すと労力がかかる上に段ボールに匂いがついてる可能性があるので、余裕が出てきたら段ボールを購入した方がいいかもしれない

常にスーパー等で段ボールを入手し、サイズにも気を付けていると、たった一つ手ごろなサイズの段ボールを探すのにもそこそこの労力がかかってしまいます。

それに、食品を入れていた段ボールをですので、変な匂いがついている可能性だってあります。

だったら、初めからサイズの決まった段ボールを購入してしまった方が楽だとは思いませんか?

僕はまだAmazonでの出品を始めたばかりなので、スーパー等で労力をかけてでも無料で段ボールを入手しようと思いますが、これから余裕が出てきたら、有料の段ボールを使用したいと思います。

配送業者や方法について

では次に、梱包した商品をどこで発送するかです。

ヤマト運輸、ゆうパック、はこBOON、などなど…

配送業者が多すぎて混乱してしまいますよね。

正直、僕もまだ配送業者に関してはよくわかっていませんが、今回の発送で学んだことを少しでもお伝えしたいと思います。

僕はヤマト運輸で発送しました

ゆうパック、ヤマト運輸、はこBOON,…

結局どれが一番いいのか僕にはわかりませんでした。

なので、家の近くにあり、色々と割引が使えるヤマト運輸で商品を発送することにしました。

その割引とは、

クロネコメンバー割
→通常会員なら10%引き、BIG会員なら15%引き
持ち込みによる値引き
→30kgまでは120円引き、50kgまでは140円引き、100kgまでは230円
送り状のデジタル割
→自分で送り状を作成、印刷すると50円引き

の3つです。

この3つの割引があるのなら、恐らくヤマト運輸が一番いいのかなと思いました。

これから色々と試しつつ、結論を出そうと思います。

クロネコメンバー割を使いたくて初めてクロネコメンバーに登録するときは、オンラインでなく直営店で登録すること

僕はオンラインでさっさと登録してしまったため、クロネコメンバー割を受けることが出来ませんでした。

正確に言うと、メンバー割を受けるためのカードが届くまで時間がかかるため、すぐにメンバー割を使えなかったのです。

ですが、直営店に赴いて登録すれば、登録と同時にそのままメンバー割を使うためのカードを受け取ることが出来ます。

ですから、初心者の方でヤマト運輸を使って荷物を発送する方は、直営店で登録することをお勧めします。

大量の商品を一度に配送するときは「ヤマト便」が一番

これは調べれば調べるほどたくさんの人が言っていたのですが、

「たくさん」「重い荷物」を1度に発送するときは、「ヤマト便」を使うのが一番安いとのことです。

具体的に言えば、25Kg以上の商品ですね。

この「ヤマト便」を上手に使えば、120サイズの箱1つあたり600円程度で発送できるそうです。

僕はまだそこまで大量の商品を仕入れ、発送していませんので、使うとしたらこれからですかね。

100均のラベルシールについて

僕はこれまで、印刷するタイプのラベルシールを使ったことがありませんでした。

なので、いきなりAmazonFBAの納品でラベルシールが必要といわれてもどの商品がいいのかよくわかりませんし、困ります。

とりあえず100均で印刷するラベルシールを購入してきて使用してみましたが、正直これはお勧めできません。

なので最後に、100均のラベルシールの問題点と、どこでラベルシールを入手すればいいのかをお伝えします。

剥がれにくいため、商品に直貼り出来ないし単純に使いづらい

100均のラベルシールは安いですが、その分品質がいいとは言えません。

かなり剥がしづらいため、商品に直貼りできませんし、裏紙も剥がしにくいのです。

ですから商品をラッピングしてその上からシールを貼ることになり、手間が増えます。

しかも裏紙が剥がしにくくてイライラしますし…

これがお勧めできない理由①です。

自分でカットしなければいけない

剥がしにくい上、使いやすいようにカットされているわけでもありません。

ですから自分でカットし、張り付けなければなりません。

また余計な手間が増えますね。

簡単に言うと、余計な手間が増える

上2つのことを簡単にまとめますと、100均のラベルシールを使うと余計な手間が増える、ということです。

まぁ、その分かなり安いですが。

つまり、手間を増やしたくないのなら、Amazon等で人気のラベルシールを購入し、別に手間がかかってでも安く仕上げたいのなら100均でいいと思います。

まとめ

冒頭でも申し上げた通り、AmazonFBAを始めようと思うと、ルールと規則の多さに混乱してしまいます。

ですが、成功のためには、分からないことを逐一調べて自分の知識にしていくしかありません。

とは言っても、分からないことを調べて行っても何か抜け落ちていたり、自分で行動してみないとわからないことがあります。

僕の場合、段ボールとヤマト運輸のクロネコメンバー割、100均のラベルシールのことですね。

そんなわからない事を、僕の記事で少しでも解決できたらなと思っています。

僕も皆さんも、これから少しづつ頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました