【AliExpress】圏外飛ばしに注意しよう【メルカリ】

転売
スポンサーリンク

メルカリ、ヤフオク、ラクマ、オタマートなど…

今現在フリマアプリの選択肢は増えてきています。

どのアプリが一番転売に向いているのか、人が多いのかと考えたとき、僕の感覚ではメルカリが頭一つ抜けている印象です

ヤフオクもかなり人が多いし転売向きですが、女性が少ないような気がします。

さて、そんなかなり転売に向いていて人も多いメルカリですが、このアプリの運営陣は徹底的に業者を嫌っています。

なので、1日に何度も出品したり、商品削除→再出品を繰り返していたら、圏外飛ばしの対象となってしまいます。

はい、どうも皆さんこんにちは。すあまです。

今回は、この前置きの通り

・圏外飛ばしとは

・圏外飛ばしになってしまった際の対処方法

・県外飛ばしの対象となってしまう明確な基準とは

以上の3点、圏外飛ばしについて着目して解説していきます。

それでは目次です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

圏外飛ばしとは

圏外飛ばしについて簡潔に説明いたしますと、

出品しても新しい、一番上のページに表示されるのではなく、半年以上前だったり最下層のページに表示されること

です。

なので、県外飛ばしの対象となると、商品を購入してもらうことはもちろん、商品を見てもらうことすら困難となるのです。恐ろしいですね。

圏外飛ばしの対象となる具体的な例

冒頭でも申し上げましたが、メルカリは徹底的に業者を嫌っています。なので

・短時間に大量の商品を出品

・短時間に同じカテゴリーの商品を複数出品

・同じ商品の削除、再出品を繰り返す

この3つのように、規約違反ではないもののメルカリ運営陣に「こいつ業者だな」と判断されるような行為をしてしまうと、圏外飛ばしの対象となります。

転売をしている方、特にAliExpress転売を行っている方は注意

メルカリに「業者だ」と判断される、というか実際業者である転売ヤーの方々は注意してください。当然ですが一般の方たちに比べて出品数が多いので。

特にAliExpressで商品を仕入れた方は注意です。同じ商品をいくつか纏めて注文していると思いますから、それを1度に出品すると「圏外飛ばし」の対象となってしまいます。

なので、同じ商品を出品する際は1つずつ、その商品が売れてから次の商品を出す。違う商品だとしても、1日に出品するのは5個以内に収めておくのが無難でしょう。

ちなみに、同じ商品を1つずつ出品するのには、「圏外飛ばしの対象にならないため」以外にも理由があります

こちらの記事に書いてありますが、

同じ商品を複数出品してしまうと「自分で相場を作り上げてしまうから」です。

詳しくはこの記事をどうぞ。

まぁ物凄く簡単に言ってしまえば、1度にたくさん商品を出品したって全くいいことが無い、ということです。

圏外飛ばしになってしまった際の対処方法

では次は、注意していたけど圏外飛ばしの対象となってしまった場合の対処方法についてです。

もう簡単に結論から申し上げます。

明確な対象方法や、どうすれば解除されるのかは不明

タイトルの通りです。

明確な対処方法や、どうすれば圏外飛ばしが解除されるのかはわかりません。

はい。わからないんです。全く。

唯一解除される可能性があるのが、「何もしないで放置」することです。

ですので、解除のために何かするのはむしろ逆効果なのです。

また、どれくらいで解除されるかもわかりません。

人によっては半日程度で解除されることもあれば、半年以上かかった人もいるようです。

ちなみに、解除されたかされてないかの確認方法は「商品の閲覧数が増えているかどうか」「検索してちゃんと上位に出てくるかどうか」等自分で確かめるしかありません

なので、そもそも圏外飛ばしされないことが一番ですね。

AliExpressからたくさんの商品が届いたり、ブックオフなどで商品を大量に仕入れた際は、出品の仕方に気を付けましょう。

圏外飛ばしの対象となってしまう明確な基準とは

これまで、圏外飛ばしの対象となるのは

・短時間に大量の商品を出品

・短時間に同じカテゴリーの商品を複数出品

・同じ商品の削除、再出品を繰り返す

だと説明してきましたが、どれも「大量」「複数」のように、明確な個数を指定していないのにお気づきでしょうか。

そうです。察しのいい皆さんならもうお気づきでしょう。

明確な基準は全くわからない

はい。これもタイトルの通りです。

圏外飛ばしの解除方法も分からなければ明確な基準も分からないのです。

これ本当ひどいですよね。

いくら業者を嫌っているといったって、これじゃあ圏外飛ばしのことを知らなかった一般人の方が処罰されてしまいそうです。

だって普通にメルカリを使っているだけなら、圏外飛ばしのことなんて知っているはずありませんから。

まぁ、こういう「明確な基準が分からない」「明らかに不平等な対処」はメルカリの悪いところというか、嫌な特徴というか…

以前も申し上げたと思いますが、もうとにかくメルカリに目を付けられないように、静かに、大人しく転売するしかありません。

対処方法がなくて基準も分からないのなら、そうするしかないので。

まとめ

今回お伝えしたかったことは、

・圏外飛ばしとは、出品しても新しい、一番上のページに表示されるのではなく、半年以上前だったり最下層のページに表示されること

・圏外飛ばしの対象となるのは、「短時間に大量の商品を出品」「短時間に同じカテゴリーの商品を複数出品」「同じ商品の削除、再出品を繰り返す」の3つのように、規約違反ではないが運営陣に「業者だ」と判断される行為をした場合

・圏外飛ばしされてしまうと、自分たちにはどうすることもできないし、黙っていてもいつ解除されるかはわからない

・しかも、何をしたら圏外飛ばしの対象となるのか、その明確な基準は不明

以上の4点です。

お判りのとおり、圏外飛ばしというのは本当に恐ろしい罰です。

明確な基準が分からない上に、一度その対象となったら大人しくしているしかない。しかも圏外飛ばしの期間も不明。

メルカリ上で転売したいのであれば、この圏外飛ばしと無期限利用制限には絶対に注意しておきたいところです。

無期限利用制限についてはこの記事をどうぞ。これについても絶対に気を付けなければなりません。

一番初めにも申し上げた通り、メルカリは他のフリマアプリに比べて人の数、盛り上がり方が頭一つ抜けています。

なので、そのメルカリでの転売が封じられた際のダメージは計り知れません。

しかも、メルカリは1人で複数のアカウントを作成することを禁止していて、もし複数アカウント作成がばれてしまったら、メルカリ強制退会待ったなしです。

無期限利用制限よりも圏外飛ばしよりも強制退会が一番怖いですからね。売上金もすべて没収となってしまいますから。

ですから、皆さんも、もちろん僕も。圏外飛ばしや無期限利用制限等、メルカリ運営陣に目を付けられないように大人しく立ち回り、着実に利益を出していくのが一番です。

それでは今回はここまで。また次回お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました