メルカリ垢BAN(無期限利用制限)が解除された話【メルカリ運営は意外と優しい説】

現状報告
スポンサーリンク

約2ヶ月前、僕はメルカリで垢BANくらいました。

【悲報】メルカリでアカウント停止(垢BAN)になってしまったので、対処方法を考えます
皆さんこんにちは、すあま(@QJKz3awKet9jacN)です。今日、僕のスマホにこのようなメッセージが届きました...

詳しくは↑の記事を見て頂きたいのですが、簡単に説明すると「商標権違反でBANされた」って事です。

それで普通、「商標権違反」等普通に法に触れている理由でBANされると非常に解除が厳しいらしいのですが、なんか普通に解除してくれました。優しい。

と、いうわけで今回は「僕がどうやってBANを解除出来たのか」のお話をしようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

垢BAN解除をしようと思った理由

先程述べた通り、僕は「商標権違反」でBANされました。

で、その時はBANされた事をきっかけに大人しくプラットフォームをAmazon、ヤフオクに移行しましたが、やっぱりメルカリ使いたいんですよ。

だって仕入れ、販売がメルカリ1つで出来ますからね。しかも楽だし。凄すぎでしょ。

ヤフオクも確かに仕入れ、販売が出来ますがメルカリに比べ商品数が圧倒的に少ない。

そもそも送料負担が多すぎて仕入れに向いてhttps://hukugyo-seikatsu.com/merukari-teisi/いない上に女性が少なくて服や化粧品等の売れ行きは良くありません。あと大体メルカリより相場低いです。

以前の記事で「メルカリBANされたから別垢作るわー」みたいな事を言っていましたが、やっぱ厳しいです。

【悲報】メルカリでアカウント停止(垢BAN)になってしまったので、対処方法を考えます
皆さんこんにちは、すあま(@QJKz3awKet9jacN)です。今日、僕のスマホにこのようなメッセージが届きました...

というか、調べたらみんな親名義で垢作ってたり、口座も親名義のものだったり!!

親を転売の為に使うって…普通嫌悪感でいっぱいでしょ…

少なくとも僕は吐き気がするくらい嫌だったので作りませんでした。

それで、10月になり大学も始まり、仕入れ、販売の便利さ以外にも「教科書メルカリで買いたい!」と思ったので、メルカリ利用停止解除に乗り出した感じです。

Google「解除はほぼ不可能です。てかまぁ無理です。」

行動に移す時、とりあえずググりました。「メルカリ 垢BAN 解除」てな感じで。

そしたら「無理です」「諦めてください」「少なくとも法律に触れているものの解除はほぼ不可能です」としか書かれていない。

Google先生の情報によると解除は不可能に近いらしいです。

それを見た僕は、心が折れ…

 

ませんでした。

だってそんな事BANされる前から知ってましたし。

何はともあれ行動ですよ。言うて「不可能に近い」なら、一応可能性はありますからね。

てかそもそも「教科書欲しい」程度の理由で解除しようとしたくらいですから、ほぼダメ元です。

そんなこんなでめげずに調べていると、

「メルカリ運営に誠心誠意謝罪すれば解除されるかも」

みたいな話に辿り着きました。

なので、本当にワンチャンに賭けて「誠心誠意謝罪する」事に決めました。

メルカリだって「人間」が運営している

とは言っても、どうしても普通に謝罪するだけで解除されるとは思えませんでした。

だって「誠心誠意」って言ったってそんなの伝わらないと思ったからです。実際に会って謝罪するならまだしも。

でも謝罪するならどうにかして伝えなくてはならない。そしてたどり着いた答えが「具体性」です。

言い換えるならば「問題が起きた経緯」+「再発防止対策案」 + 「 そのために何をしたのか」を明記するということです。

これらを明記した方が、何も書かずに謝罪するのに対して明らかに具体性が増しますし、「もう2度としない」という説得力が増します。

例を挙げると、普通にただ謝罪して

「申し訳ありませんでした。もう2度としません。」

というよりも、

「先日、「無期限利用停止」の通知をいただきました。この問題は~という経緯で起きてしまいました。大変申し訳ございませんでした。2度とこのようなことが起きないように、~(行動した事、改善案)致しました。重ね重ね、この度は大変申し訳ありませんでした。」

と謝罪した方が、具体性と誠意を示すことが出来るわけです。

明らかに後者の方が「謝罪」として格が上ですよね。

メルカリだってAIが運営しているわけじゃありません。

あくまで人間が運営しているのですから、「この人だったらアカウント停止を解除してもいいかな」と思わせる文章に仕上げることが大切です。

結論として、無期限利用停止を解除するために大切なこと

長くなりましたが、それでは結論として、どうすればアカウント停止が解除されるのかをまとめていきたいと思います。

誠心誠意謝罪すること

まず、アカウント解除に必要なのは「謝罪」です。

しかもただの謝罪ではありません。「誠心誠意」謝罪することが大切なのです。

なぜなら悪いのは私たちで、メルカリ側に「解除してください」とお願いする立場だから。

とは言ってもどうすれば「誠心誠意」謝罪した、ということが伝わるのか。

それは、謝罪文に「具体性」を持たせることです。

ただし、それを相手(メルカリ運営陣)に伝えるためには「具体性」が必要である

「具体性」を持つことにより、文章としての「格」が上がります。

どういうことか、先ほどの例をもう一度用いて解説します。

具体性のない謝罪文:「申し訳ありませんでした。もう2度としません。」

具体性のある謝罪文:「先日、「無期限利用停止」の通知をいただきました。この問題は~という経緯で起きてしまいました。大変申し訳ございませんでした。2度とこのようなことが起きないように、~(行動した事、改善案)致しました。重ね重ね、この度は大変申し訳ありませんでした。」

どうですかね?明らかに後者の方が誠意が伝わると思いませんか?

ただ「申し訳ありません」とか「すみません」というだけはいけません。何がどうなって申し訳ないのか、しっかりと書きましょう。

そして最後に「具体性」を持たせる、というのはつまり文章に何を加えればいいのか。について解説して終わりたいと思います。

「具体性」は、つまり「問題が起きた経緯」と「再発防止案」の提示、そして「そのために既に行動した事」の3点を明記することである

結論から言うと、今回の件においては

「具体性」=「問題が起きた経緯」+「再発防止案」+「そのために既に行動した事」

です。

よくわからないと思うので、実際の僕の謝罪文の1部を引用します。

約2か月前、メルカリの事務局様より「無期限利用停止」の通知をいただきました。
理由は「商標権違反」によるもの。以前の私は「商標権」など知らず、「著作権違反」さえしていなければ問題ないと勘違いしておりました。大変申し訳ございませんでした。
この2か月間、自分の無知さと情けなさにずっと反省しておりました。
以前、私が取り扱っていた商品は中国にいる知人より頂いたものが大半だったのですが、もう2度とそのような商品を受け取ることはございません。家に合った残りの商品も全て処分いたしました。
 
「問題が起きた経緯」=【以前の私は「商標権」など知らず、「著作権違反」さえしていなければ問題ないと勘違いしておりました
 
「再発防止案」=【以前、私が取り扱っていた商品は中国にいる知人より頂いたものが大半だったのですが、もう2度とそのような商品を受け取ることはございません
 
「そのために既に行動した事」=【家に合った残りの商品も全て処分いたしました。
 
こんな感じです。これで何となくイメージをつかむことが出来たと思います。

最後に

今回はメルカリ無期限利用停止の解除方法について解説させて頂きました。

僕はこの方法で実際に解除してもらうことに成功しましたが、他の人が成功するかどうかは、正直わかりません。

ですが、何の対策もなく頼んだり、諦めて何もしない100倍はマシだと思います。

謝罪してもどうしても解除してもらうことが出来ないのなら、サブ垢を作ったり、ヤフオクに移行したりすればいいんです。

まずは諦めずに行動してみることが大切ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました