メルカリ転売で、あまり知られていないけど絶対に売ってはいけない商品とは

転売
スポンサーリンク

メルカリ転売をするにあたって、「これは販売しちゃダメだろ…」と思う商品はいくつかあると思います。

例えば、著作権侵害の商品、アダルトチックな商品、日本でそもそも所持を禁止されているもの(麻薬、銃等)など…

こういった当たり前の規約違反に関しては、皆さんもすでにご存じだと思いますし、アカウントBanされないためにも最大限の注意を払っていると思います。

ですが、規約を読めば確かに書いてあるのですが、見落としがちな、多くの人が知らないであろう「販売してはいけない商品」というのも存在するのです。

なので今回は、

・あまり知られていないけど絶対に販売してはいけない商品とは

・それを知らず販売してしまった場合はどうなるか

この2点についてお話ししていこうと思います。

それでは目次です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あまり知られていないけど絶対に販売してはいけない商品とは

そもそも皆さん、メルカリの販売規約にしっかりと目を通していますか?

実は僕、全く目を通していませんでした。(笑)すみません。

「読まなくてもなんとなくわかるからいいや」と思っていたんですよね。

確かに殆どの人は問題ないとは思いますが、僕のような「メルカリを使って稼いでいる」人間は目を通しておくべきです。

でも、規約って読んでもよくわからないですし面倒ですよね。

なので、僕の実体験をもとに「販売してはいけない商品」を解説していきます。

海外コスメ等、「許認可のない化粧品」の販売

僕はAliExpressで安く化粧品を仕入れ、それをメルカリで販売していました。

化粧品、いわゆるコスメ商品というのは、仕入れ額が安く、売れ行きがいいので僕はかなり美味しい思いをさせてもらっていました。

ですが、ある日一つのコスメがいつまでたっても閲覧数1で、商品名を検索しても全く来ない状況になってしまったんです。

さすがにおかしいと思った僕は、すぐさまメルカリに問い合わたところ、すぐに返事が返ってきました。

その返事がこれです。

なんと、メルカリ内では「許認可のない化粧品」については販売を禁止していたのです。

厳密にいえば、「日本語の成分表記」「日本国内の製造販売元」の記載がない化粧品の販売禁止ですね。

初めて商品削除を受けたときは、「いや、削除する商品は他にもあるだろ…なんで僕だけ削除されなきゃいけないんだ?」

と思いましたが、色々調べてみるとどうやらメルカリはこういう”不平等な商品削除”がかなり多いようで、調べれば調べるほど、メルカリに対して不満を持つ人がいることを知りました。

まぁ、僕は不満を言っても仕方ないので大人しく引き下がりましたが。

コントローラーの互換品など、「知的財産権を侵害」している商品の販売

これもAliExpressで仕入れていたもので、僕はPS4コントローラーの互換品とSwitchのプロコントローラーの互換品を販売していました。

これもなかなか利益率が高く、1つ販売すると大体2000円ほど利益が出ていたんです。

しかし、これは「権利者より権利侵害として削除要請がされた」とのことで、後は発送するだけだったのに取引が強制キャンセルされました。

これが証拠の写真です。

このメッセージが来た時、僕は「え?なんでこの商品だけ?」と思いました。

僕は他にも全く同じ商品を取引していたし、その他にも種類が違うコントローラーを出品していました。

ですが、それらの商品はお咎めなし。しかも僕と同じ商品を出している人は他にもまだまだいる。

正直腑に落ちませんでしたが、メルカリでお金を稼いでいる以上文句は言えません。

これも大人しく引き下がる以外道はありませんでした。

販売してはいけない商品と知らずに販売してしまった場合

先ほどの写真を見てもらえばわかるかもしれませんが、僕は既に、少なくとも2回は「販売してはいけない」商品を販売しているんですよね…

でも、間違っても「商品が削除されるだけなら再出品すれば良いじゃん」と考えてはいけません。

そもそも1度削除されるだけでもかなり危ないんです。

一体何がどう危ないのか、どういうリスクが伴うのか。

次はそれらのことについて解説していきます。

アカウントが強制退会or無期限利用制限になってしまう可能性がある

先ほど商品削除された際のメルカリからのメッセージの写真を2つ挙げました。

あの写真には続きがあり、そこに規約違反した際のリスクについて書かれています。

これが先ほどの写真の続きです。

「無期限の利用制限となる場合がございます」とはっきりと書いてありますね。

僕はもうすでに2回も商品削除されていますが、運が良かったのか、取引の評価が良かったからなのか、まだ利用停止には至っていません。が、恐らくあと1~2回規約違反してしまうと、無期限利用停止だと思います…気を付けなくては。

僕は2回削除されてもまだ大丈夫でしたが、人によって何回で利用制限になるかわかりません。

出品する際は十分に気を付けて下さい。

アカウントが強制退会or無期限利用制限に陥るとどうなってしまうのか

無期限利用制限の場合は、

・商品の販売が出来ない

・商品の購入もできない

・コメントのやり取りももちろんできない

・売上金を振り込んでもらうことは可能

このような状態になるようです。

強制退会させられてしまった場合は、

・商品の販売が出来ない

・購入もできない

・コメントのやりとりもできない

・売上金は全て没収

となるようです。

前述の通り、規約違反の商品を多数販売、削除されてしまうと強制退会ではなく無期限利用制限となります。

強制退会させられてしまうと怖いですよね。今までの売上金も没収されてしまいますし。

まぁ、複数アカウントを作ったり、犯罪行為となるような重大な規約違反をしない限り強制退会にはならないと思いますが…

無期限利用制限ですと、一応今までの売上金自体は戻ってくるようですし、もうすでに取引が行われている場合はそのまま続行されるようです。

とは言ってもアカウントが利用できなくなるのはかなりきついですよね。

だってたくさん仕入れてもそれを販売する場所がないのですから。メルカリほど人が集まっていてよく売れる場所はそうそうありませんし。

しかもメルカリでは1人1アカウントとしていますので、新規登録することはできません。(端末、名前、住所、口座の全てを新しくし、別の人間に成りすました場合は新規登録可能のようです)

利用制限や強制退会にならないように気を付けましょう。

まとめ

今回お伝えしたかったことは、

・海外コスメ、コントローラーの互換品(海外製)はメルカリの規約違反となってしまう可能性があるので、出品するのは避けた方がいい

・規約違反でいくつか商品が削除されてしまうと、アカウント無期限利用制限となる

・利用制限はまだ売上金の振り込み申請が可能だが、強制退会となってしまうと売上金を全て没収されてしまうので十分気を付けてほしい

以上の3点です。

メルカリ転売は、本当に稼ぎやすくて誰でも参入しやすい副業となっていますが、アカウント停止になってしまうと元も子もありません。

しかも、メルカリ事務局がいったいどういった基準で商品を削除しているのかよくわからない場合も多いため、「ほかの人も同じ物を出品しているのになんで?」と感じてしまいます。

個人的にもかなり不平等だと感じてしまう部分は多いですが、文句をつけていても仕方ありません。

だってメルカリというプラットフォーム上でお金を稼いでいることには変わりありませんので。

なので、メルカリ上でアカウント停止されないように規約に十分気を付けながら頑張っていくしかありません。

僕も皆さんも、アカウント停止にならないよう一緒に気を付けていきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました