転売やブログでは20万を超えると確定申告?それとも38万?、また、いくら稼ぐと扶養を外れるのか【学生必見です】

ブログ
スポンサーリンク

何らかの手段でお金を稼ぐ場合、ある一定額から税金がかかります。

大学生はよく103万の壁、なんて聞きますよね。これはつまり103万以上稼ぐと扶養が外れて確定申告が必要になるということです。

普通に働く場合は103万でいいとしても、ブログや転売などで稼いでも同じ103万から扶養が外れるのでしょうか。

実は全く違うのです。

というわけで、今回はこの「税金」「扶養」についてお話していこうと思います。

この記事を読んで、みなさんも税金についての知識を身に着けておいて下さい。

それでは目次です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログや転売は「雑所得」扱い

所得の種類にも様々なものがあります。

詳しく説明すると、会社から受け取る給料などの「給与所得」、不動産など、貸付から生じる所得の「不動産所得」などの9種類。

そして、他の所得の種類どれにも属さない10種目が、「雑所得」として扱われます。

転売、ブログなどアフェリエイト収益は全てこの「雑所得」に分類されます。

基礎控除38万までなら税金を払う必要はないし、扶養も外れない

基礎控除とは、全ての納税義務者が無条件で課税標準額から差し引くことの出来る一定の金額である(wiki参照)

このように、僕を含む皆さんには「基礎控除」というものが存在し、「基礎控除」を超える金額を稼がない限り、税金がかかることがありません。

雑所得も同様です。

38万円までの収益なら、税金がかかることはありません。

ここで大切なのは、「売り上げ」でなく「利益額」が38万以上、という点です

ですから、売り上げが38万を超えたからといって課税対象になるわけではありません。

あくまで利益が38万を超えた場合です。ご注意ください。

バイトの収入は「給与所得」

ではなぜ、よく「103万の壁」という言葉を聞くのか。

それは、給与所得の場合65万までの「所得控除」があるからです。

つまり、65+38=103で、103万までなら課税対象にならないのです。

雑所得には「所得控除」がありません。ここの違いを間違えないようにしてください。

もし何も知らずに38万円以上の収益を出してしまった場合

税金がかかることはもちろん、それ以外にも

・扶養を外れてしまう
・扶養が外れることにより親にも迷惑がかかる(扶養の時と比べ数十万円多く払うことになる)

というデメリットが存在します。

自分だけで済む問題ではありませんので、扶養を外れる際は必ず親と相談してから決めるようにして下さいね。

会社等で働いている方は、20万以上で課税対象

先ほど、雑所得は38万円から課税対象となる、と申し上げました。

しかし、会社等ですでに働いており、年末調整を行っている方は別です。

そのような方たちは20万を超えた時点で税金が発生してしまうのです。

それはなぜか。1つ1つ解説していきます。

なぜなら基礎控除38万を既に満たしているから

会社等で働いているということは、もう既に給与をもらっており、基礎控除の38万円なんて軽く超えているはずです。

つまり、そのような方たちに雑所得の控除は認められません。

では、なぜ20万なのか。控除が認められないのなら20万でも税金がかかりそうなものですよね。でもかからないのです。

それは、「臨時収入」としてみなされるからです。

年間で20万以下の収入は「臨時収入」と扱われ、税金がかからない

1年で20万円以下の収入であれば、それは「所得」としてみなされることはありません。「臨時収入」として認識されるのです。

つまり、20万以下だと「所得」ではないのです。「所得」でないのですから、税金がかかるわけありませんね。

まとめ

学生でアルバイトをしていない方(家庭教師や農家バイトなど、直接手渡しで給料をもらえるものも含む)は38万円までなら、基礎控除があるため税金がかかりません

しかし、何も知らずに38万円を超えると、自分だけでなく親にも迷惑がかかります。扶養を外れるわけですから。

また、会社等で働いている方(給与をもらっている方)は、給与所得で基礎控除額の満額を既に使っている為、38万の控除が認められません。

ですから、そのような方は所得としてカウントされない20万円以下に抑える必要がある、というわけですね。

この税金の仕組みを知らずにいると、最悪の場合知らず知らずのうちに脱税行為をしてしまっていることになります。

しかも扶養を外れると親にも迷惑が掛かりますからね。

もし扶養を外れたいなら、自分の力で月10万は稼げるようになってからの方がいいと思いますよ。

親の負担を帳消しにできるくらいの稼ぎを上げれば、誰も文句は言わないでしょうから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました